農薬散布

従来、背負い式動力噴霧器を使用し手作業で行ってきた農薬散布作業が、高性能ドローンを使用することにより、圧倒的短時間かつ安全・確実に行うことが出来るようになりました。

「手作業では時間がかかるし、体力的にも厳しい」とお考えの農業関係者の皆様方へ、高性能薬剤散布用ドローン(DJI AGRAS MG-1)を使用し、スマート農業のお手伝いをさせて頂きます。

●使用機体:DJI AGRAS MG-1S(一社)農林水産航空局 産業用マルチローター性能確認番号 第MR-06号

●認定整備事業所:nsi 真岡 栃木県芳賀郡真岡市(認定番号:第MR1066号)

●産業用マルチローターオペレーター技能認定

●産業用マルチローターオペレーター指導員

●産業用マルチローター整備士

●所有機体登録記号:M1763

●加入保険:損保ジャパン日本興亜(施設所有管理者特約・賠償責任保険特約・事故対応特約・被害者対応特約等)対人及び対物共通5億円加入済み


【 DJI - 日本の農業を変えるドローン :  Agras MG-1 】

DJI AGRAS MG-1は液体の農薬 肥料および除草剤の散布を 高精度に適正な割合で行うためのオクトコプターです。 折りたたみ式のMG-1は10kgの液体を搭載することが可能。 防水性、防塵性、耐食性に優れ、農業分野に技術革新をもたらします。【DJI JAPAN】

動画 : DJI JAPAN



ご依頼の流れ

●STEP1.(オーダー・ヒアリング)

先ずは、お電話またはオーダーフォームにより御相談下さい。

 

●STEP2.(お見積り・申し合わせ)

お客様から頂いた情報をもとに、日時、場所等の確認その他料金等の申し合わせ事項を連絡させて頂きます。

 

●STEP3.(散布作業)

安全、迅速、確実な散布作業を実施します。

 


注意事項

全ての飛行及び散布作業において、責任と権限はドローン操縦者である弊社オペレーターが有するものとし、下記の条件等においては当日の飛行を見合わせる場合が御座いますので予めご了承下さい。

 

飛行時における地上1.5m付近の風速が3m/s(使用機体により異なる。)を越える場合

・降雨や落雷その他突発的な気象状況の変化が予想される場合

空港の制限表面内、その他の運用制限があり、国交省の飛行許可・認定が取得できない場合

付近への第三者の往来が排除不可能で、安全距離の確保が困難であると判断した場合

・散布圃場周辺に栽培される他作物等への飛散が懸念される場合

・作物の高さ、圃場の形状等により作業中のドローンが、オペレーターから目視困難な場合

飛行前点検において機体等のシステムに何らかの障害が発生し、早急な改善が見込まれない場合

鉄塔、携帯電話基地局、その他の特定できない電波等により安全運航に支障を来す可能性がある場合

その他、直前までに入手した以下の法令等により飛行行為そのものが違反となるおそれがある場合

 

航空法(国土交通省HP)電波法(総務省HP)・農薬取締法・食品衛生法・交通安全法・民法・公園/重要文化財保護法・都道府県条例